隠すだけじゃない!体型カバー方法 骨格別にご紹介♪

こんにちは!埼玉・川越 パーソナルカラー診断/骨格診断/顔タイプ診断のHarvest Color (ハーベストカラー)大塚みのりです。

 

 


まだ8月ではありますが…着実に季節が変わろうとしていますね。
我が家の巨峰もどんどん色づいてきて
昨日ひと房初収穫でした♪
ハチが大量にやってきたり害虫から守ったり袋を被せたりと!!わ〜収穫まで大変だな…と横目で見守りながら私は美味しく食べる専門です…(*^^*)

 

 

 

 

さて、今日のテーマは…

体型カバー方法

 

二の腕も隠したい…
お尻も隠したい…
お腹も隠したい…
膝も出せないわ…

 


年齢とともに隠したいところがいっぱい出てきて…
洋服は装うものでなくて
全てを包み込むものになってしまった…

 

 

そんな状況に陥っていませんか!?

 

 

街ゆく女性を眺めても…
ちょっと隠し過ぎですー!もったいない〜!
と思う率がとっても高いです!!

 

 

□見せた方が良いところ
隠した方が素敵なところ

 


女性は必ずどちらも持ち合わせているので
ぜひ自分はどうかな?と気にしてみてください♪

 

 

どこを出してどこを隠す?

 

全身の出すところ隠すところも
身体のライン部分と肌の露出部分と。
2つにわけられるので別々に見ていきましょう〜!

 

 

①身体のライン編

 

まずはじめに
曲線的なシルエットを目指すと
女性らしく素敵な装いになります。

 

 

ただ注意が必要なのは
曲線的なのが美しいのはこの部分ということ。

 

・ウエストライン
・バストライン
・ヒップライン

 

 

反対に曲線的にみせない方が良いのは

 

・お腹の丸み
・肩の丸み
・背中の丸み

 

上記の部分が丸いと一気に年齢が上がってみえます。

 

右の女性は肩・背中・お腹が丸くなっています

 

この部分は年齢とともに丸みを帯びてくる部分ですが、服でカバーできる部分でもあります。


まずはこの出すライン隠すラインを意識するだけでも
隠しすぎを防ぐことができます。

 

 

②肌の露出部分編

 

お次が肌の露出の観点から見た出しどころ隠しどころ。
ポイントの3点はこちら!

 

・二の腕
・デコルテ
・足

 

私はどうかな??という視点で気にしてみてください♪

①腕をどこまで出すのが一番綺麗にみえますか?

 

 

②デコルテ(胸元部分)はどこまで出すのが一番綺麗にみえますか?

 

 

 

 

③脚はどこまで出すのが一番綺麗にみえますか?

 

 

 

 

季節によっても露出部分は変わってくるかと思いますが
まずは季節感を抜きにして自分はどうかな?と考えてみてください。
腕を出した方が綺麗にみえる方は、冬の間も腕の細さがわかるようなデザインがお似合いになります。

 

 

個人別体型カバー方法

 

 

もっと詳しく個々のケースに合わせると…そのあたりは骨格診断が得意分野なので骨格別にみてみましょう♪

 

 

 

骨格診断って何?
まだ診断前でよくわからないな…という方は
隠した方が良いか?出した方が良いか?
を鏡の前で確かめてみてくださいね。

 

 

骨格ストレートの出すところ隠すところ

 

【出した方が綺麗にみえるところ】

◎デコルテ(胸元)
◎ひじ下
◎ひざ下

 

【服で調整するところ】

ウエスト→服でくびれを出すようなデザインのもの
Iラインワンピースなど
お尻→ハリのある服の素材で丸く見せると綺麗
二の腕→5分丈や7分袖を選ぶ 服でカバー
肩の丸み→服の肩位置が正当なものを選ぶ
✖︎ドロップショルダー

 

 

 

 

 

骨格ウェーブの出すところ隠すところ

【出した方が綺麗にみえるところ】

◎二の腕
◎ウエストのくびれ

 

【服で調整するところ】

もものハリ
下半身に肉がつきやすい→フレアスカート プリーツスカート

デコルテ(胸元)→首元が詰まった服
ウエスト位置→上にあげる 

 

 

 

骨格ナチュラルの出すとこ隠すところ

ナチュラルの方は例え全部を服で覆ったとしてもお洒落にみえるタイプです
10代20代の頃の露出の多い時代の方が悩みがちだったかもしれません。

 

 

骨がしっかりした方が多いので
骨っぽさを隠す方が綺麗にみえます。

 

 

体に密着するようなものだったり
シフォンなどの軽い素材だと骨っぽさが出でしまいがちに。
ざっくり ゆったり したものがお似合いになります。

 

 

季節感と露出加減

 

隠し過ぎ注意!といっても季節によっては難しいですよね。

 

出すところは調節

◎首元
◎手首
◎足首
◎真夏は二の腕

 

ここは全体のバランスをみて決めていきましょう。
骨格別に見せどころと隠しどころポイントをあげてみましたが
夏と冬の露出度は当然違いますので
季節に応じて全体バランスをみてください^ ^

 

例えば 今の時期でしたら

 

例)胸元はつめてロングスカートで足も隠したから

  ウエストは細さを強調して
  二の腕も出して露出と隠すのバランスをとろう

 

冬でしたら

例)長袖に足首までのパンツスタイル
  服で覆った部分が多いから

  胸元は少しあけたデザインのものにしよう

 

といった具合に(*^^*)

寒くなってくるともうお洒落とかそんな場合じゃないんです!!
野暮ったくても何でも全てを覆いたいのです!!
気持ちはよくわかります…

 

 

そんな時はせめて体のラインひとつくらいは出す

 


を頑張ってみましょう!!

露出し過ぎも綺麗にみえないのですが
今はほとんどの方が隠し過ぎの状態なので

 

隠し過ぎてないかな?
と鏡で全体チェックしてみてくださいね♪

ぐっと垢抜ける&スタイルアップの近道です!

 

 

 

 

 

それではまた…♪
Harvest Color (ハーベストカラー)
大塚 みのり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。